美容外科での施術と他の外科との違いとは?

看護師

絶対ばれたくない人必見

女性

二重整形をばらしたくない人は多い

整形が発展している国では、ばれても問題がなく「どこを整形したの?」などオシャレの一環として話をするほどの気軽さがあります。しかし整形がまだまだ広く受け入れられていない日本では、やはり整形ばれは避けたいという人も多くいます。どうにかして整形することや、整形後も上手くごまかせる方法がないかと考え込んでいるのではないでしょうか。二重整形前の事前準備をしっかりすることで、上手くごまかすポイントとオススメの言い訳をご紹介します。

施術前の準備は段階的に

まず、施術を受けていきなり二重になると確実にばれてしまいます。横浜の美容外科クリニックでも、ばれないようにしたいという患者が多くカウンセリングを受けに来ます。しかし周囲に完全にばれないようにするには、事前の準備を段階的に行なわなければいけません。まぶたの薄いタイプなら、アイプチなどで二重を続けておけば、施術後に二重になってもばれることはないでしょう。アイプチなしになったのに気づかれた場合は「癖がついて二重になった」ということができます。実際にまぶたが薄いタイプや家族に二重の遺伝子があるタイプは癖付けで二重になることがあるため深く聞いてくる人は少ないでしょう。厚ぼったいまぶたのタイプは先にまぶたの脂肪を取る手術とむくみの解消をしておくのがポイントです。むくみ解消し、その後に横浜の美容外科などで脂肪を取ってまぶたを自然に薄くすることができます。その後はまぶたの薄いタイプと同じようにアイプチで癖付けておき、施術に臨むと良いでしょう。

長期休みのタイミングに行なう

埋没法はダウンタイムも短いので、社会人でも旅行などを理由にして短い休暇を取って行なえば簡単にばれることはないでしょう。しかし、切開となるとそうはいきません。横浜の美容外科の施術でも、ダウンタイムは短くても14日程度、長いと4か月程度もかかります。14日はともかく、2ヶ月、4か月なんて休みを社会人で取得するのは難しいですね。例えば調子を崩したときの長期休暇や、離職後から再就職の期間、妊活休・育休などを活用して施術を受けるのも良いでしょう。妊娠中から授乳期間の施術は、横浜で施術を行なっている美容外科クリニックによっても対応が異なるので相談してみましょう。

髪型やイメチェンを一緒に

術後の復帰はイメチェンを取り入れると上手くカモフラージュができますよ。髪色、髪型、服装など目立つ部分を一気に変化させることで、小さな変化に気づきにくくなります。「メイク方法を変えた」「メザイク・アイプチの種類を変えた・二重クリームを使っていた」など言い訳にできる内容は増えるので、上手く活用すると良いでしょう。二重整形をバレたくない人は、段階的な用意と、ダウンタイム期間の露出を避けて復帰時にイメチェンを行ないましょう。