美容外科での施術と他の外科との違いとは?

看護師

埋没法と切開法を知ろう

カウンセリング

二重整形するならどれ?埋没法と切開法

横浜にある美容外科の二重整形は、大まかに分けると埋没法と切開法という2つの方法で行なわれます。この2つの方法のどちらが最も優れた施術とはいえず、それぞれにメリットとデメリットがあります。メリット・デメリットをしっかり把握して、より自分にあった方法を選ぶことが重要です。各施術のメリットとデメリット、その施術向きのタイプを解説します。

切らない手術の埋没法

糸で留める埋没法は切らない施術・プチ整形として横浜の美容外科で人気の高い施術です。二重整形としては最も手軽で、ダウンタイムが短いことでも多くの人が手始めに興味を持つ施術になっています。横浜の美容外科では、2点留め・3点留めなどで施術を行ない、まぶた裏に縫い合わせた糸を埋没させて、二重を作ります。糸の数が多いほど、まぶたの重みが分散されるので糸が外れにくく、安定した結果を得ることが可能です。ただし、まぶたの厚みがかなり厚いと、上手く留めることができなかったり、まぶたの重みで糸が外れたりする恐れがあります。そのため、まぶたの脂肪が薄く、むくみにくいタイプや、癖付けで二重になりやすい薄いまぶたのタイプに向いています。また数年では糸が溶けてなくなったり、外れたりなど効果が持続しにくい施術ですが、その分価格がかなり安く、短時間での施術・復帰が可能です。相場は約8万円程度ですが、モニター価格やキャンペーンでかなり安い価格になっている横浜の美容外科もあります。

半永久の効果を持つ切開法

目頭や全切開でまぶたを切り、縫い合わせて持ち上げる方法です。根本から解決するため、施術後の加齢や筋肉の衰えなどの長い年月経過しない限りは、そのまま維持することができます。まぶたが厚いタイプや、むくみやすいタイプ、眼輪筋が衰えてまぶたが眠そうに垂れさがっているタイプに効果的。脂肪吸引やまぶたのカットでまぶたにかかる重さを調整できるので、すっきりとした目元にすることができます。ただし、切開を行なうので術後の腫れや出血を伴います。埋没法と比較するとダウンタイムが長いため、行なう場合はある程度長い休みを取ることが必要になるかもしれません。全切開・部分切開では大体1ヶ月~4か月のダウンタイムがかかります。目頭切開の場合は、術式で10日~14日ほどでダウンタイムが短くする場合もありますが、詳しくはカウンセリングで確認した方が良いでしょう。横浜での施術相場は20万円程度から52万円など、切開部分によっても異なります。ダウンタイムが長めで料金も高い切開法ですが、半永久的な二重を手に入れたいタイプやまぶたが厚く埋没法が定着しないタイプは切開法を検討してみると良いでしょう。